透析率

1型糖尿病に関して

糖尿病は1型と2型があり、大きく2つに分けられます。
おそらく、大半の人がイメージ出来るのは2型の糖尿病の方で生活習慣が主な原因でなると言われているタイプです。
では、聞き慣れない方も多いと思われる「1型糖尿病」という病気は何でしょうか。

1型と2型の分かり易い違いは、その発症年齢にあります。
子ども、若年層に多く、その生活習慣とは関係なく急激に発症して病気が進みます。
自分の体を自分の細胞が攻撃してしまう、自己免疫性疾患などが原因でかかる事が多いと言われている(一部にはそうとは言い切れない症例がある)1型糖尿病は、以前は小児糖尿病などと呼ばれていた重篤な病気です。

何かの原因により、膵臓でβ細胞が破壊されてしまい、インスリンが分泌されにくくなってしまい、いわゆる糖尿病を発症してしまいます。
最初は風邪のような症状に似ていて、喉が渇いたり尿の量が多くなったりする状態ですが、早急に発見して治療しないと最悪な場合は死に至る事もある怖い病気です。
治療法としてはインスリンを自分で注射して血糖値をコントロールしたりしながら、昔と違い細かい食事療法も必要なくなりましたが、完治するというわけではないので上手に長く病気と付き合っていく事が必要となります。

このページの先頭へ