透析率

若年性糖尿病の詳細

以前までは「若年性糖尿病」と1型糖尿病はイコールの意味でした。
その理由は、1型糖尿病が若い世代に多かったからです。
また、小児糖尿病とも呼ばれていたように、子どもの時に発症するパターンが多かったのですが、現在はその生活習慣から「若い世代」も2型になったり、年齢が上がってから1型を発症するパターンも出て来て、最近では「若年性糖尿病」とは呼ばなくなっています。

どちらにしても糖尿病になってしまうと、喉がひどく乾いてしまうなどの症状が現れはじめ、以前と比較にならない量の水分を摂るようになります。
それにともなって、トイレにも行きたくなりますし、尿の量も増えて行きます。
更には変わらずいつも通りの食事を食べていても、気付いたら体重が減って痩せていくようになります。

遺伝的なものなのか、生活習慣によるものなのか、それ以外に原因があってなるのか、妊娠によるものなのかの違いはありますが、インスリンに大きく影響される糖尿病は、かかれば長く付き合っていかなければならない病気です。
まずは自分や家族の食生活を検討し、糖尿病になるような要素がある場合は改善が必要です。
最近では子どもでも生活習慣病が心配されますので、若年層なのに2型の糖尿病にならないように家族ぐるみで注意が必要です。


このページの先頭へ